株式会社三井住友銀行 2013年3月14日満期 豪ドル建社債 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式会社三井住友銀行 2013年3月14日満期 豪ドル建社債

日興コーディアル証券のウェブサイトを見ていると、
新規の社債の案内がありましたので、ご紹介したいと思います。

株式会社三井住友銀行 2013年3月14日満期 豪ドル建社債

ウェブサイトを見た瞬間、おっ!三井住友の劣後債でもウェブ上で
買えるようになったのかな!?と思ったんですが、劣後債じゃなくて普通の社債
しかも、豪ドル建てというオチが待っていました。

まあ、トヨタモータークレジットなんか、豪ドル建てが結構メジャーですし、
今回も条件次第といえるのではないでしょうか!?さて、チェックしましょう♪
  • 期間:約3年
  • 利率:年 5.10 ~ 6.10 %(仮条件・豪ドルベース)
さて、気になる期間は3年、利率を見ると仮条件の真ん中と仮定して5.6%です。

直感的には結構いい条件かも!?次は、国債などと比較してみたいと思います。
まずは、定番の野村証券から。
  • オーストラリア国債:3年2カ月 4.6%
  • ニュ-サウスウェ-ルズ州財務公社:2年2か月 4.48%
ちょっと国債以外で比較しやすいものがありませんでした。
ニュ-サウスウェ-ルズ州財務公社は、あまり聞かない名前ですが、
格付け自体はS&P、MDYともにAAAのようです。

次は、日興コーディアル証券から。
国債は比較できる商品がないんですが、それ以外にばっちり3年の商品がありました。
  • 世界銀行:3年 5.03%
  • 米州開発銀行:3年 5.08%
債券の定番、世界銀行と米州開発銀行。ともにS&P,MDYともにAAAの格付けですが、
この商品は5%をちょっと超えるくらいの利率でした。

となると、今回の三井住友銀行の利率とは約0.55%の差。
また、国債と比べると、約1%のプレミアムが乗ることになります。

実際、申込ページによると、三井住友銀行の格付けはS&PでA+とのことです。
世の中何があるかわかりませんが、3年で三井住友が・・・ということがないのであれば、
国債ではなく、こちらの債券を選択することで、1年あたり1%の超過収益が得られます。

今回の債券は、1000AUDから買える所もうれしい所ですので、
5.6%以上で決まるのであれば、個人的には買おうかなと思っています。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。