天然記念物♪青島の隆起海床と青島神社/鹿児島-宮崎旅行記2010年2月(13) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然記念物♪青島の隆起海床と青島神社/鹿児島-宮崎旅行記2010年2月(13)

前回の記事で、宮崎交通のバスに乗って、宮崎市の観光名所青島まで
やってまいりました。今回は、青島の観光をご紹介したいと思います。

ちょっとわかりにくいかもしれませんが、宮崎市の地図です。
地図を見ると、宮崎駅から青島はかなり離れているように見えますが、
実際は15kmくらいです。高速道路は通らないので、結構遠く感じますけどね。



青島の説明文です。中央にある青島神社は、観光名所なんですが、
ここが有名な海幸彦、山幸彦の神話の舞台となっていたのは知りませんでした。
それで、あの有名な電車、海幸山幸号がここを走っているんですね。



青島神社並びに、有名な鬼の洗濯板の写真です。
今日はなので、こんなにキレイには見られないやろうなぁ・・(´ω`)



ちょっと遠くて見づらいかもしれませんが、お決まりのごみを捨てないで・・
のような警告文が掲示されていました。



注目すべきなのは、日英中韓の4ヶ国語で記載されていることですね。
さすが、台北やソウルから直行便が飛んでいるだけあります。
日系の国際線ももうちょっと頑張ってほしいものです。

さて、橋を渡って青島に入っていきたいと思います。



まず、天然記念物・特別天然記念物の案内がありました。
わかりにくいかもしれませんが、天然記念物より、特別天然記念物の方が、さらに貴重であるとされています。



ここの場合は、
  • 天然記念物:青島の隆起海床と奇形波蝕痕
  • 特別天然記念物:青島亜熱帯性植物群落
となっているようですね。

次に、海幸彦・山幸彦の神話の説明を見つけました。
このボードを見て知ったんですが、あの神武天皇は、このお二人の子孫だそうです。へぇ~



さて、本格的に隆起海床と奇形波蝕痕がみられるようになってきました。
なんでこんなのができるんでしょうね!?





島の中央には、青島神社がありました。
近くでキャンプを行っている巨人軍の選手がお参りに来ているそうです。
神社には、日本一を記念したお守りも売っていました。



巨人軍の全選手と思われる、絵馬も飾ってありました。



下の真ん中、谷選手ですね♪ご家族で家内安全を祈願されていました。



神社の奥の方には、熱帯性植物群落がありました。
ここはビロウという木がたくさん生えており、スゴク貴重だそうです。




*ビロウの木(Wikipediaより)

さて、この島は一周できるんですが、大体の観光客というか、
自分以外は全員この神社までやって来て元の方へと帰っていくようです。
まあ、せっかくここまで来たので、後4分の3回って1周しちゃえ!
ということで、自分だけは進むことにしました。



こんな感じの風景がず~っと続きます。
誰かが意図的に石を積んだ?と思われる光景もありました。
こんなの、自然でできたらすごすぎますもんね!



途中、下が砂浜になり歩くのがしんどかったですが、
半分を超えたあたりからまた普通の道に。



結局、元の場所に戻るまで誰一人会いませんでした
この素晴らしい自然をゆっくり歩きながら堪能できてよかったかも!?
まあ、雨が降らなければもっとよかったんですけどね(´ω`)

天気が悪かったということもあり、青島は全体的には空いていました。
ただ、ツアーでいらっしゃっている観光客、
タクシーの運転手さんに連れられてきている観光客の方は
多数見かけました。個人で来る人はちょっと少なめなのかも!?

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。