そんな所に店があるのね(´ω`) ずんだ茶寮でずんだもちを食べる♪/仙台牛タン旅行記2010年2月(3) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな所に店があるのね(´ω`) ずんだ茶寮でずんだもちを食べる♪/仙台牛タン旅行記2010年2月(3)

前回の記事で、牛タンを食べましたが、牛タンを食べたら当然デザートですよね♪

仙台のデザートといえば、色々思いつきますが、私の注目したのはずんだもちです。
ということで、駅の中にあってお手軽に入れそうな
ずんだ茶寮という店に入ってみることにしました。

このお店も仙台駅の構内にあります。牛タンのお店からエスカレーターを2つ降りて1階へ。

すぐに見つかりました♪



早速注文してみたいと思います。
  • ずんだもち3個
  • 昆布
  • 冷緑茶
がセットになって630円です。



お土産で買うよりもちょっと高めですが、このセットで630円なら、
店の中で食べるセットとしては満足でした。
席もちょっと広めな感じで、読書をしながら1時間くらい滞在しました。

このずんだもち。ずんだのアンがおいしいのは当然ながら、
モチが非常になめらかでとろけるような感じがしました。
地元で食べる安い御餅は非常に粘々してる感じがするんですが、
そういった印象は全くありません。

ウェブサイトによると、宮城のもち米「ミヤコガネ」を使っているそうですが、
そこに秘密があるのかもしれませんね。

そう思うと、ミヤコガネ100%の下の御餅なんかも、スゴクなめらかで美味しいのかも!?

  

さて、上のことを調べているうちにしったんですが、
このお店、結構東京には進出しているんですね。
自分が今住んでいる関西地方にはないようなんですが、
自分の実家のある東京都立川市にもお店が出ていました。
えええええ、そんなところにも出してるんですか。

別に仙台で食べなくても食べられるんや(´ω`)

さて、食べ終わってホテルからの迎えのバスが来るまで、
ちょっと時間があるのですが、その間に面白い光景を見ました。

この仙台旅行は、国立大学入試の2日前だったのですが、
駅前で受験生が泊まるホテルを案内していたり、
大学生のボランティアの方が非常に親切に動いていました。

そんな中、一番面白かったのが応援のボランティアです。



このように、東北大学の応援団が出張してきています。



人を勝手に映すわけにはいけないので、写真は撮れませんでしたが、
受験生を引っ張って来て、太鼓やトランペット、チアまで動員しての大応援。
こんなに応援してくれたら、受験生も本当に勇気が出たのではないでしょうか。

次々と応援していく様子は本当にほんわかしたもので、つい見入ってしまいました。

■ずんだ茶寮
  • 住所:宮城県仙台市青葉区中央1-1-1 仙台駅 Dila(ディラ)仙台 1F
  • アクセス:JR仙台駅 徒歩1分(仙台駅の中にあります)
  • 営業時間:09:00~21:00(L.O.20:30)
■ずんだ茶寮は、楽天市場にて、通販もご利用いただけます♪
  

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。