秋保グランドホテル(宮城県-仙台市)/仙台牛タン旅行記2010年2月(4) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋保グランドホテル(宮城県-仙台市)/仙台牛タン旅行記2010年2月(4)

さて、今回のジャルツアーズのツアーで利用するホテルは、秋保グランドホテルです。

秋保温泉といえば、読み方がちょっと難しくて「あきうおんせん」です。

また、こちらは仙台駅から旅館の送迎バスで約30分と非常に近かったです。
そのためか、日帰りのプランも充実しているようでした。



お部屋はこんな感じの和室です。2人には十分の広さ。
4人くらいまで悠々寝られそうな感じがしました。



アメニティは最低限のものがあるという感じです。



お茶菓子はいも風味というものが置いてありました。
食べているときはは気付かなかったんですが、これって北海道のものなのでは?

  

いもの繊維として、昆布をわざわざ入れ込んでいる所にこだわりを感じました。



ここは大きいホテルだからか、客室が140もあります。
その分、お風呂が男女2つずつ、合計4つも準備されていました。

ただ、この日はド平日にも関わらず、高校生~大学生と
見られる卒業旅行の皆さんが滅茶苦茶入っており、
到着する時間帯は、何と大型バスが2台出勤!
比較的安い時期なので、学生さんにも利用しやすいんでしょうね♪

さて、そのお風呂に行くつもりだったんですが、昼寝をしてしまい、
起きたらもうご飯の時間です(´ω`)
ということで、急いで準備をして食べに行くことにしました。

御飯は安めのホテルにはありがちのバイキング形式なので、あまり期待はできませんが、
安いなりに現地の特産品も色々食べられるはず!?と期待して向かいます。

で、取ってきた料理はこんな感じ。
奥の牛タン皿は今回のジャルツアーズのプランのサービス料理で、
普通に追加注文すると、2,600円もするものでした。高い!



味は良くも悪くも普通のバイキングで、
ホテルで1,000円台のランチバイキングを食べている印象を受けました。
残念だったのが、地元の料理と思われるものが牛タン以外になく、
地元の秋保米がアピールされているくらいでした。

多く食べられるので、学生さんにはうれしいんでしょうけど、
自分としては、おいしめ?に思ったのが牛タンとパイナップルだけだったので、
料理としては、少し残念だったように思います。

その後、お風呂に向かいました。
今日は、お客さんが女性に偏っていたようで、
男性風呂は比較的空いていました。
特筆してここが良い!という点はありませんでしたが、
温泉旅館のお風呂としては、気持ちよく入ることができました。

R1グランプリを見た後、もう一回入るぞ!と思っていたんですが、
いつの間にか寝てしまい、朝に(´ω`)
ということで、朝ご飯を食べに行くことにしました。



目の前でオムレツを焼いてくれるのはプラス点でした。
残念ながら、具なしのプレーンオムレツですが、非常に上手なオムレツだったと思います。

それ以外に、地元の品としては笹かまぼこくらいでしょうか。
もうちょっと地元らしさが全面に出ていると良かったかも?

  

フルーツが3種類あるのに全部柑橘系なのはバランスが悪いと思いました。
前の日の夕食では、キウイとかあったんですけどね。

で、もう一回お風呂に入ったりしていると、もう帰る時間に(´ω`)
残念ながら、ここでチェックアウトすることにしました。



帰る最中に撮ったゲームコーナー。
太鼓の達人は見たことがありますが、マリオカートを見たのは初めてかも!?



ホテルの裏には散歩コースがありました。
ずっと寝ていないで、早起きして散歩すればよかったわ(´ω`)

さて、今回の総合評価ですが、料理にちょっと残念な点がありましたが、
それ以外の対応は全て満足がいくものでした。
このホテルは外国人のお客さんが多いからか、日英中韓の4ヶ国語の案内があり、
スタッフも外国の方がいらっしゃいました。

外国人スタッフの方も頑張って日本語で対応してくれていい感じだったと思います。

こういったあたりを踏まえて、総合の評価はということにします。

秋保グランドホテル

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。