仙台駅から歩いて、仙台城を落城させに行きます♪/仙台牛タン旅行記2010年2月(5) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台駅から歩いて、仙台城を落城させに行きます♪/仙台牛タン旅行記2010年2月(5)

前回の記事でご紹介した、秋保グランドホテルからバスで30分。
10時半過ぎには、またまた仙台駅まで戻ってきました。

本当はすぐに牛タン食べるか?と思ったんですが、2時間半前に
あれだけたくさん朝ご飯を食べて、さすがに食べられませんでした。

そこで、散歩がてら戦国時代の武将になりきって、
徒歩で仙台城を攻め落としに行くことに。
*注:仙台城は江戸時代になってから作られましたけど(´ω`)

まずは、たくさんある荷物をコインロッカーに預けます。
おっ。これはSuica対応ロッカーですね。
地元では見かけませんが、コインレスで使えるのは本当に便利です。
JR西日本ももうちょっと頑張ってほしいなぁ・・・。



さて、仙台駅から仙台城までは調べたところ、約4キロ弱くらいあります。
まあ、普段あんまり運動していなくても、それくらいだったら余裕かな!?

さて、駅前で地下鉄建設中の案内を見つけました。
これは、仙台市営地下鉄東西線の建設案内ですね。



現在、仙台市には南北に走る南北線のみが走っているのですが、
仙台駅を起点として東西の地下鉄線も整備中です。
これがあると、仙台城攻めの時に、地下鉄でいけるので非常に早くなります♪

お次に見つけたのが、やたらと広告で見かける白松がモナカです。



モナカ好きなので、一度は食べよう食べようと思いつつ、
結局は今回も食べませんでした。
通販で買えるんですが、それだとちょっと味がないような!?

  

次回は必ず食べてみるようにしたいですね。

さて、歩いているとまたまた地下鉄建設中の案内が。



ここは、仙台駅の横の駅の一番町駅という駅になるそうです。
ええええ、まだひと駅分か(´ω`)

で、歩くこと1.7kmくらい。
ちょっと横に珍しい像があったので、見てみることにしました。



これは、仙台市西公園の中にある、仙台キリシタン殉教碑だそうです。
歴史を考えてみると、伊達政宗公が支倉常長らを慶長遣欧使節団として派遣し、
スペインとの貿易を試みます。

支倉 常長とスペインの交渉は結局成立しませんでしたが、彼が帰ってくると
日本はすでにキリスト禁教という事態に。
結局、失意のまま彼はなくなってしまったそうです。

そのこととは直接関係はないんですが、ここ仙台の地でもこの禁教に関わる悲劇があったようです。

さて、その像の横を流れるのは仙台一有名な川、広瀬川です。
そして、それにかかるのがこの大橋です。
う~ん。両方とものどかでいいですね。





坂を登っていくと、五色沼という池がありました。
ここから天守閣跡までは後1km段々近づいてきましたね♪



ちなみに、ここの池には凍った氷に乗らないでください。という注意書きが。
今日はたまたま13度くらいあるんですが、本来仙台の2月は寒いんでしょうね。

ついについた!?と思ったら、



ここは、まだ大手門脇櫓というところでした。
ちなみに、仙台の台という文字が難しい方の台が使われています。
なんかそっちの「台」を見ると、台湾を思い出しちゃいますね♪



もうちょっと歩くと、段々坂がきつくなってきました。
うーん、運動不足の私にはちょっとキツイか。

途中に看板を見つけます。



400mですね!
  • 上がれば、400mが8分
  • 下れば400mは4分
なんですね(´ω`)

そこまで計算してくれる看板はなかなかないような気がします。
それだけ、ここからの昇りはキツイってことなんでしょうか。

と後8分頑張って歩いて、やっと石垣までたどり着きました♪



さすが、仙台。日陰にはやっぱり雪が残っているんですね。
何と、この冬、積もった雪を見るのはこれが初めてのような気がします。

ここまで来てこんなに疲れてしまったら、ここから落城させるほどの騒ぎではないですね。
昔の人は本当に体力があったんだなぁ・・と思いました(´ω`)





当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。