投資・マネー用語集(4) デュアルカレンシー債 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

投資・マネー用語集(4) デュアルカレンシー債

野村證券のウェブサイトを見ていると、新規のデュアルカレンシー債の
売り出しの案内が出ていました。デュアルカレンシー債?
名前だけ見ても、一見なんのことやらさっぱりわからないかもしれません。

ユーロ円/豪ドル・デュアル・カレンシー債券(円貨償還条件付)(PDFファイルサイズ:21KB)

この、デュアルカレンシー債は、債券を購入する時の払い込みは円貨
利払いについても円貨での受取ではあるのですが、
最後、償還される金額については外貨での受取になるのが特徴です。

で、今回の債券の利率を見ると、円貨建てで何と6%だそうです。

これは一見素晴らしい商品に見えますが、注意しないといけないのは
円貨償還条件付きという部分。この条件の部分を要約しますと、以下のようになります。


満期償還金額
2010年8月24日(償還期限)の10営業日前の日において、判定為替レートが
(1)円高豪ドル安の時・・・・豪ドルで償還
(2)円安豪ドル高の時・・・・円貨の額面金額で償還



本来、外債投資においては円安になった際は、為替差益を享受できるべき
であるのですが、この商品においては円安になると円貨の額面で償還されてしまうので、
リターンが限られてしまいます。逆に円高の場合は、豪ドルで償還されます。

つまり、為替差損はいくらでも投資家が負担しないといけないのに、
為替差益は一定に制限されてしまうわけです。

ということで、私なら多少金利が安くても普通に豪ドル建ての債券を購入
することを選択するかなと思います。これなら、金利部分も為替差益部分も
両方享受することが可能になりますので、自分でも納得のいく投資になります。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.