[7832]バンダイナムコホールディングス/リスタートプランは復活への第一歩!? - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[7832]バンダイナムコホールディングス/リスタートプランは復活への第一歩!?


[7832]バンダイナムコ 過去1年間の株価推移

先日、[7832]バンダイナムコの第3四半期の業績報告にかえて、
BANDAI NAMCO NEWSの第19号が送られてきました。

日ごろから良くできたニュースかなぁと思っているこのニュース。
今回のメインテーマは、中期経営計画であるリスタートプランです。
中期経営計画といえば、一般的には3~5年くらいのプランとなります。
直近は赤字のバンダイナムコですが、このプランをもとにどれだけの
リカバリーを見せてくれるか、期待していきたい所です。



この中で注目した記事としては、
  • 630名の人員削減で、35億円の人件費の減少
  • のれんの減損処理で来期35億円の償却費の減少
の2つです。

まず、人員削減は短期的な効果は見せてくれるでしょうが、
コンテンツビジネスの会社だけあり、優秀な人材が抜けてしまうことの
ないよう気を付けてほしい所です。

また、のれんで減損ということは、一部の企業結合が思った成果をあげなかった
ということになります。ちなみに、減損処理額は125億円です。

と、直近では暗い話題も多いように思いますが、おもちゃのリーディングカンパニーの
一つとして、このままでは終わらないように会社も頑張ってくれると思いますので、
来期以降のリスタートプランに期待していきたいと思います。
私もできる限り、ナムコ製のゲームで遊ぶようにしていきたいと思います(´ω`)

セグメント別の実績を見ていると、ゲームが足を引っ張っているようです。
今期大ブームとなった鉄拳6のような、良いゲームが作れれば、
まだまだ業績拡大の余地はあると思いますので、今後もバンナムのスタッフには期待していきたいです。

こちら、バンダイナムコと言えばゲームやおもちゃの会社でありながら、
優待券は今までのところ、ファミレスのイタリアントマト
食事券が送られてきています。
ただ、明記はされていないので、今後変更の可能性はあることにご留意ください。

イタリアントマトは、我が家の近くには店舗があまりないんですが、
最寄の映画館が入っているモールに店舗が一つだけあるので、
映画を見に行った際に、ここを利用するようにしています。



[7832]バンダイナムコの2010年3月14日現在の
指標と株主優待の情報は以下の通りとなります。

株主優待券(年2回)
  • 100株以上:1,000円分
  • 500株以上:2,000円分
  • 1,000株以上:3,000円分
  • 5,000株以上:5,000円分
  • 10,000株以上:10,000円分
最低投資金額:88,000円
優待利回り:2.3%
配当利回り:2.73%
PER:赤字のため算出不能
PBR:0.83倍
データは、SBI証券ウェブサイトより抜粋
この銘柄への投資は自己責任にてお願いいたします。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。