三井不動産の安心感 [8964]フロンティア不動産投資法人 第11期 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井不動産の安心感 [8964]フロンティア不動産投資法人 第11期


[8964]フロンティア不動産投資法人直近1年の価格推移

国内で商業施設のリートといえば、やはり[8953]日本リテールファンド投資法人でしょうか。
バックに三菱商事がついていることもあり、安定した感があります。

ただ、ここにきて堅調な動きを見せているのが、三井不動産がバックについた、[8964]フロンティア不動産投資法人です。



報告書によると、このご時世に第1期からの分配金前期比+記録
今期も継続することができました。

地域一番店に投資することをモットーにしており、
今年の稼働率は何と100%を維持しています。

また、借入利率も金融危機前からは多少スプレッドが拡大しているものの、
ベースとなる金利が下がっている関係で、むしろ調達金利が下落傾向にあります。

これも、タイトルに挙げた三井不動産の安心感という所でしょうか。
大手がバックについているのに、持ってるだけヒヤヒヤする某関西銘柄とは大違いです(´ω`)

さて、今回の報告書の中からトピックを2点挙げておきます。
  • TSUTAYA福岡天神店の取得
  • ウーブサカエへのユニクロ名古屋栄店のオープン
の2つです。

まず、1点目のTSUTAYA福岡天神店の話題。こちらの取得価格は37億円とのことですが、
こちらは、鑑定評価額を12%も下回る価格になっているそうです。
この天神店は全国のTSUTAYAの中でも旗艦店の位置づけにあるそうで、
今後も安定的に収益に貢献してくれそうです。

某リートの○○○ヒルズの一部取得とは大違いの案件のような気がします(´ω`)

次に、丸井の家具専門店、インザルームが抜けてしまった名古屋栄の商業ビル、ウーブサカエについて。
良い場所のビルのテナントが抜けてしまい、ちょっと心配でしたが、
結局、ユニクロの大型店が5フロアぶち抜きで入ることになりました。

こちらも、東海地区の旗艦店になるということで、
マスコミからの取材による、宣伝効果もあるそうです。
飛ぶ鳥を落とす勢いのユニクロですし、こちらも期待したいですね。

なお、直近の実績配当金と今後の予想配当金は以下のようになっています。
  • 第7期(実績):17,845円
  • 第8期(実績):17,960円
  • 第9期(実績):18,441円
  • 第10期(実績):18,548円
  • 第11期(実績):18,737円
  • 第12期(予想):18,500円

常に予想を保守的に出してくるフロンティアですが、12期も増配記録を
続けることができるでしょうか?予想ではちょっと届きませんが、
実績発表での上方修正に期待したい所です。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。