スカイマーク、神戸-福岡の2月搭乗率はなんと20.6%(´ω`) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スカイマーク、神戸-福岡の2月搭乗率はなんと20.6%(´ω`)

少し前の話になりますが、2月のスカイマークの搭乗率
発表されていましたので、ご紹介したいと思います。

やはり注目したいのは、昔こちらの記事で紹介した神戸-福岡線。
元々の提供座席数が少ないので、スカイマークの経営的には影響は軽微かと思うのですが、
地元民としては、就航してわずか10日の撤退発表は地元の航空ファンとして衝撃でした。

さて、タイトルでネタばれしていますが、その神戸福岡便の搭乗率は何と20.6%であります。

スカイマークとしては、茨城空港が出るまでのつなぎだったというコメントも飛び出すような
ビックリ路線でありましたが、神戸空港の駐車場の安さ、福岡空港の利便性の良さを思うと、
ちゃんとやっていれば勝負できたかもしれない路線だけに残念でなりません(´ω`)

ちなみに、出だしでコケタ路線がずっとダメかというと、必ずしもそうではなく、
最初は3割台の搭乗率が続いた福岡-那覇線が、2010年2月度は58%と、
営業努力や環境の変化などで、浮上してくるケースもあるようです。

それでも、さっさと諦めてしまうところは、ベンチャーらしい諦めのよさなのでしょうか。

まあ、スカイマークとしては、神戸-福岡ではなく、神戸-茨城で頑張ると
意思表明したわけですから、茨城便の方は成功してほしいと祈るばかりです。

ここまでの記事だけみると、スカイマークの2月度の実績がいかにもダメなように
見えてしまうのですが、他の路線まで見るとむしろ好調に思えますので、
最後に前年比比較のできる他の路線について概観してみることにしたいと思います。

路線名2009年2月搭乗率(%)2010年2月搭乗率(%)
全路線合計77.281.1
羽田-福岡82.093.6
羽田-神戸74.083.6
羽田-新千歳75.889.8
羽田-旭川53.967.5
羽田-那覇81.386.1


スカイマークについては、悪いニュースがちょくちょく出ている感もありますが、
この表を見る限り営業面では順調と言えるのではないでしょうか。

全路線の乗客数で言っても20.2%↑と好調です。
何かとお騒がせのスカイマークですが、利用者の支持は広がっているんですね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。