まったりファンド2010年4月の運用状況 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まったりファンド2010年4月の運用状況

今日は、自分の投資成績のまとめである、まったりファンド
4月の成績についてご報告したいと思います。

この記事からご覧になる方もいらっしゃると思いますので、
お決まりのファンド解説文も書いておきます。
一度ご覧になった方は、表まで飛ばしてご覧いただければ幸いです。

ファンドの解説
私は、以前は感覚にまかせてめっちゃ適当に投資を行っていたのですが、
運用成績がプラスになっているのか、マイナスになっているのかも
よくわかっていなかったため、2009年7月31日からこの日の基準価額を10000として
投資信託風に成績をつけていくことにしました。

ただし、配当金については基準価額には含めません。
基本的に、配当金や債券の利金重視の投資方針のため、
基準価額の変動には過度に一喜一憂はしないように気をつけています。

また、アセットクラス毎の資産配分は厳格に守るようにし、0.5%ずれたらリバランスを行います。
売買手数料がかさんで損かな?と思った時期もありましたが、
SBI証券の売買手数料は実際かなり安いため、あまり気にしないことにしました。

なお、資産配分については以下を基準としています。
  • 株式:35%
  • 債券:35%
  • REIT:30%
教科書的なポートフォリオに比べるとREITが高めですが、
私は、昔ながらの資産3配分の考え方にかなり影響されており、
本来、現物不動産に投資したかったところ、周りの話を聞いているとかなりめんどうくさく、
ワンルームマンションは経費も色々かかりそうなので、REITに投資することにしました。

さて、4月の結果についてですが、自分の好きな銘柄の4/1→4/30の数字を示しながらまとめてみます。

銘柄名先月の値動き
8951日本ビルファンド投資法人805,000→788,000(-2.1%)
9501東京電力2,492→2,357(-5.7%)
4502武田薬品工業4,115→4,050(-1.6%)
9202全日本空輸267→298(+11.6%)
JXI S&Pグローバル公共事業(ETF)45.69→45.02(-1.5%)
IYR ダウ・ジョーンズ米国不動産インデックス・ファンド(ETF)49.78→54.69(+9.9%)


4月は欧州の信用リスクの問題をトリガーとして、
上に行くときも、下に行くときも振れ幅が激しい日が多かったように思います。

そんな中、日経平均は1カ月終わってみると、
ほぼヨコヨコという展開でした。

自分のディフェンシブ銘柄達は上記の表を見ると、
ちょっと調子が悪かったように思うのですが、
中堅J-REITと米国REITの調子が今月も良く、まったり指数の変動は

10,653→10,989(+3.2%)

となりました。

投資スタート前に、指数が9,000になればナンピン
指数が11,000になれば利益確定と決めていたので、
指数が11,000に達した本日、1,000分の利益確定を行っています。

この分をマイナスすると、指数の継続性に欠けますので、
まったり指数上ではキャッシュポジションで置いておくと仮定して
これからも計算していきたいと考えています。

まったりF201004

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。