[9202]全日本空輸 1Qは292億円の赤字/関空路線の減便 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[9202]全日本空輸 1Qは292億円の赤字/関空路線の減便


[9202]全日本空輸 過去1年間の株価推移



本日、[9202]全日本空輸の第1四半期決算発表がありました。

(単位:百万円)
売上高:269,898(▲21.9%)
営業利益:▲42,415
経常利益:▲49,456
当期利益:▲29,202

と、292億円の赤字という厳しい内容となっています。

今期については、景気の低迷のみならず、新型インフルの流行という特殊事情もあり、
JR各社や航空各社には厳しい決算が予想されていました。

実際に中身を見てみますと、国内線売上高が前年比83.3%ながら、
国際線が前年比55.9%と非常に厳しい状況です。
国際線の旅客数は84.5%と国内線なみの減少にとどまっていることから、
ビジネスクラスの利用減少がある程度響いているものと思います。

ANAの話ではありませんが、先日台湾に旅行に行った際、降機時にビジネスクラスの
椅子を見てみると、毛布を使っている席が2席しかありませんでした
その機材は、ビジネスクラスが30席くらいあるはずですので、驚愕の利用率です。

私はプライベートでビジネスクラスを利用できることはめったにありませんが、
景気が回復して、国際線のビジネスクラスがまた賑わう日を心待ちにしたいものです。

また、同時に緊急収支改善策も発表されています。

この中で主なものは不採算路線の休止と、他社への移管でしょう。
私のホーム、関西国際空港からは松山・高知・鹿児島便が休止となります。
国際線については、ANA・JALが関西空港から離れつつあり、
同社の便を利用したければ、成田に行かないといけない目的地が出てきました。
実際、成田乗継はそこまで面倒ではありませんが、地元関空にはもうちょっと頑張ってほしいものです。

また、サービスの改善案としまして、国際線ビジネスクラスの食事や、
国内線プレミアムクラスの食事が一般席でも食べられるようになるそうです。

この両者の食事は結構私の好みに合いますので、サービスが導入され次第、
旅行に行ってレポートをしてみたいと思います。サービス開始は10月とのことです。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。