早くも完売状態?利率2.84%のりそな銀行劣後債 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早くも完売状態?利率2.84%のりそな銀行劣後債

こちらのエントリにて紹介しました、りそな銀行の劣後債

今回は、

野村證券
日興コーディアル証券(以上各200億円)
大和証券
みずほ証券
三菱UFJ証券(以上各100億円)

のように割り当てられているのですが、順調に申し込みが入っているそうです。
今からの申し込みですと、少し厳しいかもしれませんが、
興味のある読者の皆様は、お早めに上記いずれかの証券会社にお問い合わせください。

実は、このまったり長期投資のブログは最初は海外ETFの情報を多めにする予定だったんですが、
ページへのアクセス状況を見ますと、債券に興味のある読者の皆様が多いようです。

そのため、何とかして自分も申込くらいはしてしたかったのですが、
このうち、自分が口座を持っているのは、外債を買うために口座を開いた
日興コーディアル証券のみなのです。ウェブサイトを見てみると、
オンライントレードについては、劣後債の取扱はありませんでした。

最初、担当の方とお話をしたことはあるのですが、
外債をオンライントレードで買うので連絡は結構です。」
と伝えたら、それ以来連絡があることはなく、こちらからの連絡先も知りません・・・。
まあ、それでは進歩がありませんので、いずれは何とかしてみたいと思います。

さて、私が投資を行う上で、大切にしていることの一つがリバランスです。

株:債券:REIT=4:3:3

の比率を基本としているのですが、2.5%以上のズレが生じた時に、
必ずリバランスをするようにしています。
この時、株やリートを売ってリバランスをする場合は別に問題がないんですが、
債券を売ってリバランスをする時に困ります。

債券投資については、個人向け国債・外国債・米国ETFを購入しているのですが、
最後の米国ETFはリバランスの時に売りやすいように持っているという目的が
一番大きいのかもしれません。

さて、今回発行される劣後債については、一般的に市場の流通性が悪いです。
そのため、リバランスや他の理由で途中換金することになってしまった場合、
国債や外国債に比べ、意外に低い単価でしか買い取ってもらえないという
ことがありえますので、その点については予めご注意いただければと思います。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。