アメリカの好配当に注目/[DVY]iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

アメリカの好配当に注目/[DVY]iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド


[DVY]iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド 過去1年間の株価推移


本日は、海外ETFのうち、
[DVY]iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンドをご紹介します。

海外ETFの手数料比較についてはこちらのエントリを。
海外ETFの銘柄紹介についてはこちらのエントリをご覧ください。

さて、国内にも好配当をテーマにした投資信託は国内株式・海外株式を問わずよく見かけます。
国内ならば、昔は好配当=電力が定番でありましたが、
今は薬品や通信など、新たな好配当の業種が生まれています。

この[DVY]iシェアーズ® ダウ・ジョーンズ好配当株式インデックス・ファンド
そういった好配当の銘柄に着目して、投資を行うETFです。

このETF。金融危機以前は金融株が多く組み込まれていました。
その結果、金融危機では大きく株価を落とすことになってしまいます。
最近は、金融株の配当が下がったことが影響してか、銘柄の比率は以下のように変わっています。

組み込み銘柄の比率
24.88% 公益事業
19.17% 資本財・サービス
16.90% 消費財
14.68% 金融
10.50% 素材
4.29% ヘルスケア
4.24% 石油・ガス
3.11% 消費者サービス
1.05% 電気通信
0.93% テクノロジー

組み込み業種の一位に公益が来ているところがいかにも私好みです。

日本国内の配当性向は最近、上昇してはいるのですが、
それでも海外の企業の配当性向には劣ります。
実際、このETFでの配当金はどの程度のものか、過去5年の推移を見てみましょう。

1株当たり配当金
1.88$→2.06$→2.24$→2.53$→1.94$

1年前までは順調に配当を伸ばしていましたが、直近は落ち込んでいます。
しかし、ここらが底と見るのであれば2$前後は期待したいところですね。
2009年8月7日現在の株価39.09$から計算すると、配当利回りは4.96%となります。

気になる管理報酬は年0.40%と米国内だけに投資するものとしては、
少し高めと言えるかもしれません。ただ、国内の同様の投信の信託報酬と比べると
個人的には許容できる水準かと思い、自分のポートフォリオには加えています。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.