カブドットコム証券、NTTドコモ証券ジャンル利用者数ランキングで1位を獲得 - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カブドットコム証券、NTTドコモ証券ジャンル利用者数ランキングで1位を獲得

2009年8月17日(月)発表のNTTドコモ「iモード公式サイト証券ランキング」によれば、
カブドットコム証券が第1位を獲得したそうです。

私自身は携帯電話を使いこなすのが苦手で、
今だに全ての株式取引をPCで行っています。
最近、ようやく携帯サイトからSBI証券にログインする方法がわかりましたが・・

で、このカブドットコム証券。ネット証券比較では、SBIや楽天に比べると
比較にあげられることは少ないような気がいたしますが、
元々携帯電話を使った株取引には力を入れているそうです。

最近は、携帯電話も性能があがり、少し前のPCに遜色ない機種も出ております。
カブドットコム証券では、そういった高解像度の画面かつ、高性能なCPU(中央処理演算装置)、
大量のメモリを搭載した携帯をターゲットに、
その能力を最大限に生かしたPC顔負けのシステムを開発しているそうです。

さて、この「iモード公式サイト証券ランキング」を見てみますと、


1位カブドットコム証券
2位野村證券
3位大和証券
4位松井証券
5位日興コーディアル証券
6位マネックス証券


と、全体的にいわゆる大手証券が強い状況です。
カブドットコム証券MUFGグループですし、そういった面も、
高ランクを獲得出来ている一因なのかもしれませんね。



【カブドットコム証券】リスク管理追求型取引ならカブコムで。私たちはMUFGです。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。