タロコ峡谷でアミ族のお食事♪/台北旅行記2010年2月(4) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タロコ峡谷でアミ族のお食事♪/台北旅行記2010年2月(4)

前回の記事で今回の旅行の目的地であるタロコ峡谷に到着しました。

今回食事をした場所は、タロコ峡谷にあるホテル、立徳布洛湾山月邨(太魯閣)です。
日本語読みすると、リーダービレッジタロコになります。

立徳布洛湾山月邨(太魯閣)

ちょっと高めですが、素敵なビレッジです。今回は日帰りでしたが、
また機会があったら、ここに宿泊してみてもいいかな!?

レストランの入り口はこんな感じ。写真には撮り忘れましたが、
周りにはさくらがキレイに咲いていました。



旧正月らしく、台湾風の正月飾りが飾ってあります。



謎の木彫りが置いてありました。
これは展示品だそうですが、売っているものもありました。
値段はちょっとお高め!?



今回の料理はアミ族流の定食だそうです。
ドリンクが飲み放題なので、パッションフルーツジュースを飲みながら待っていますと、
サラダと食前酒が運ばれてきました。

お酒は詳しくないんですが、にごり酒で、像の口部分から飲みます。
それって、すごく珍しい容器なんではないでしょうか。




メインプレートはこんな感じです。
珍しいのは、上の真ん中にある竹の中に入ったもち米ですね。

手前左側は白身魚のフライでした。
他にはキノコ・山菜など、地元の山の幸がふんだんに使われています。

どうしても台湾に来ると、中華中華の連続になってしまいがちですが、
こういう料理も珍しくてよいものだなと思いました。



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。