絶景♪タロコ峡谷の観光(前半)/台北旅行記2010年2月(5) - まったり旅行しながら株主優待・配当金生活

絶景♪タロコ峡谷の観光(前半)/台北旅行記2010年2月(5)

前の記事で昼食を食べましたので、ここからがタロコ峡谷の観光の本番になります。

しかし、ここに来る前にちょっと心配なことがありました。
日本の方はあまりご存じないと思いますが、12月に花蓮で地震があったのです。

花蓮、台中市など震度5 M6・8 台湾新幹線一時ストップ

幸いながら、人的被害はそれほどなかったのですが、地元の情報では
震度7というニュースもあり、本当に心配したものでした。

その後も、花蓮は観光できないというニュースは聞いたことがないので、
まあ、観光するには大丈夫だと思っていたのですが・・・・その話はまた後ほど出てきます。

さて、タロコ峡谷で最初に向かったのは燕子口です。

交通ヲタクの私は、最初にバス停が目に入りました。



う~ん。超観光名所なのに、一日数本しかありません
バスで観光に来るのはあまりメジャーではないんでしょうかね。

後ほど雨が降っちゃうんですが、ここは天気が持ったこともあって、
絶景を見ることができました。写真だとどうしても一部分になってしまうので、
実際に目で見るよりは劣ってしまうのですが、写真をズラズラ並べてみます。













このような写真を撮りながら、絶景を楽しんでいたんですが、
15分くらい進んだところにこんな注意書きがありました(´ω`)



ようするに、この先は崩れているから通らないでね。という案内です。
一見、あまり地震の被害はないように思いましたが、やはり影響は出ているようです。
ということで、残念ながらここで引き返すことにしました。

さて、燕子口を後にし、次に向かったのは九曲洞です。
ここもスゴクキレイな洞窟風と聞いているので楽しみです。

到着すると、まずは入口のところでヘルメットを渡されます。



ヘルメット!?そんなに危険なの?と思ったんですが、聞いた話では
前の週に外国人の観光客が落ちてきた石にあたってなくなったとか。
断崖絶壁が美しいタロコですが、そういう危険もあるんですね。

進んでいると、このような風景が。
先日の地震でかなり豪快に岩が崩れてきているようです。
写真には撮りませんでしたが、小石~石くらいはかなり頻繁に落ちていました。



とはいえ、ここも絶景であることには変わりありません。
撮った写真をズラズラをアップしておきたいと思います。













この写真くらいの所で、残念ながら超大雨になってきました。
しかし、大雨だと霧がかかって仙人が出てきそうな雰囲気です。

そうプラスに思いながら、次の目的地慈母橋に向かうことにしました。
ここからは、また時間のあるときに記事にしたいと思います。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © まったり旅行しながら株主優待・配当金生活 All Rights Reserved.